症例ブログ 2016年05月分

痛みさえ治れば病名はなんでもいい

腹痛と下痢を訴えている患者。浮いてやや数革脈を帯びている。左心包内関にステンレス鍼をあてるとすこし締まる。左公孫でもやや締まる。左太啓も締まる。右公孫―右合谷にNS平鍼を置いて締まるので脾虚腎虚証に決定。

 

続きを読む

不登校の原因が起立性調節障害というのは珍しいことではありません

<<初診>> 

平成28年3月22日

12歳男子身長:165㎝ 体重:50キログラム

医院診断:起立性調節障害

<<症状>>  

朝だるくて起きれない・頭重・頭痛・めまい・のぼせ・乗り物酔い・立っていると血圧が下がる・毎日夜中に大量の発汗・アトピー性皮膚炎。

続きを読む

両肩が同時に挙がらなくなるのは余程のこと

子午鍼法と奇経鍼法がみごとに本治法に連動することを証明する病証です。

夜遅く電話がかかってきた、「夜分すいません、中村です、ヘルニアの中村です(以前彼の腰椎椎間板ヘルニヤを治している)。知人が急に両肩が上がらんようになってしまって」。

続きを読む

はりきゅう治療院暢寿堂さまのご紹介です

当「氣鍼医術」サイト内の治療家紹介ページを更新いたしました。

氣鍼医術の治療を受けていただける治療院のご紹介は こちら です。

続きを読む

脾虚腎肝実証に対する治療動画

55歳女性

足首の捻挫が治りかけたところ、更に膝を打撲。腰に痛みも出てきた。

既往症は多発性硬化症。治療のほぼ全工程を動画におさめました。

続きを読む

診断=治療

65歳女性

「昨日の午後から喉が痛くなって咳が出てきた。風邪に気をつけなくては、と思ったが時すでに遅し。夜間の空咳と喉痛で不眠気味」と来院。喉が痛む風邪には「腎虚証」が多い。

続きを読む

基本は超シンプル:子午流注時刻図

数あるブログの中から当氣鍼医術症例ブログにお越しくださりありがとうございます。本日のテキストは当サイト管理人が担当させていただきます。

子古代中国の南唐時代にその源流をさかのぼる元祖「子午流注針法」は、素門運気7篇などの考え方に中国古代の暦法、時刻法を組み合わせることにより治療法を決定する「時間的治療法」のことをさします。氣鍼医術が提唱している子午鍼法は、その子午流注針法から時間の要素を不要とし、「左右手足の拮抗する陰陽経絡の虚実を調整するだけ」という単純明快な鍼法となっています。

当サイトを作るにあたり、資料としてまず手にとったのはこちら。

続きを読む

耳鳴りの原因は?

37歳男性、1月8日初診。12月中頃から左耳鳴りが止まらない。病院に行ったがおさまらないとのこと。つまり気味な感じからいきなりキーんという金属音になってそのまま、うるさくて眠れないという。本治法の最中に「あれ、音が小さくなる」と言い始めた。受付で「キーンがスーになった」と言って帰って行った。

続きを読む

患者とは喉元すぎれば熱さを忘れるもの

プロゴルファー34歳女性、左手次指と中指がしびれて上腕に痛みが走るという。右腰も前屈で痛み張りを訴える。

続きを読む

上部尿路結石の疑いのある患者さん

47歳女性、「5日前くらいから、夜中に寝返りができないくらいの腰痛が始まりました」と15年ぶりに母親につれられて来院。確か結婚前に来院しているはず、とてもひさしぶりの患者さんです。

続きを読む

氣鍼医術臨床講座普通科第2回開催しました

2016年度の氣鍼医術臨床講座普通科の2回目の講座が5月1日に開催されました。参加者は昨年度までの神戸はり医術研究会の1年生、2年生だった方々です。

続きを読む

誰がすすめてくれたら鍼灸治療を受けられますか?

39歳靴店スタッフ男性、「腰のハリが取れない」という主訴で来院。現在は逆流性胃炎で薬をもらっているだけだが、4年前に膵炎で通院したことがあるという。

続きを読む

2016年04月の月間アクセス上位10記事です

数あるブログの中から氣鍼医術症例ブログにお越しいただき、ありがとうございます。

2016年04月の月間アクセス上位10記事のご紹介です。

続きを読む

月別アーカイブ