症例ブログ 2016年10月分

【症例】親子3人そろって体調不良

「親子3人して体調を崩してしまいました」と来院

①下の娘(小学2年生)は咳が出始めて2週間になり、今日も37度5分の熱で食欲なく咳が止まらない

②ママ(45才)も「3日前から咳が出始め頭痛がする」

③お姉ちゃん(小学6年生)は「体がだるく頭が痛い」

 

続きを読む

氣鍼医術の技術面・経営面におけるメリットとは?

神戸市東灘区で開業されている「しみず鍼灸整骨院」の清水隆宏先生より、氣鍼医術の紹介・推薦のテキストを賜りました。清水先生、ありがとうございます!!治療の技術的なことだけでなく経営面についても触れられていて、治療院運営にお悩みの方にとても有用な内容です。ぜひとも多くのみなさまに読んでいただきたく存じます。

 

続きを読む

入院先への往診、そして数霊の話

6ヶ月の赤ちゃんがRSウイルスに感染、肺炎になり入院した。1週間入院し点滴を受けたが良くならず、両親が心配し乞われて病室に往診した。

さて治療にかかろうかと思ったとき看護師さんが検診に来て「あらー、よかったねえ、おじいちゃんがお見舞いに来てくれたの」

「はは・・?」

続きを読む

無事、出産しました

23日に出産予定だった39才初産の妊婦さんからメールが届きました。

 

先生こんばんは!10月22日 4時42分無事に出産しました。

赤ちゃんがとにかく元気です。

続きを読む

不妊症―難経69難の本治法の出番

中国から不妊治療の患者さんが来院。

 

日本で体外受精の治療を受けているのだがうまくいかないという。今回は10日間だけの滞在であるが来月再来日して本格的に鍼灸治療を受けながら採卵・移植に挑戦したいという。

続きを読む

脉診流「子午鍼法」の治療原則(治療動画あり)

脉診流「子午鍼法」は、「時間治療法」といわれる「子午流注針法・納支法」の理論を基礎にしていますが、その時間的制約を排除し、拮抗する陰陽経絡の調和を図ることを原則とする鍼法となっています。

続きを読む

みうら鍼灸整骨院さまのご紹介です

当『氣鍼医術』サイト内の治療家紹介ページを更新いたしました。

氣鍼医術の治療を受けていただける治療院のご紹介は こちら 

続きを読む

セミが鳴くような耳鳴り

会社員  女性 68歳

「3日前から左耳が鳴りが始まり止まりません」と来院。半年前に不眠・いらいらで治療して良好だった患者さんです。

どんな音ですか?キーンという金属音ですか?シャーというセミのような音?

「セミが鳴いてます。昼間より静かな夜が大きくていやです」。

続きを読む

「子午鍼法」講習会のお知らせ

痛み、だるさ、ひきつれ、痺れなどの「今そこにある症状」を目の前で魔法の如く消すことができる、それが「脉診流子午鍼法」です。対象となる経絡の虚実を補瀉するだけの「簡単明瞭・即効」の「一穴治療」であり、初心者に是非学んでいただきたい鍼法です。また、簡単明瞭ながらも非常に実践的な内容ですので熟練者の方でも歓迎です。今回の講習会では、即実践していただけるよう、理論から実技まで「脉診流子午鍼法」の全体像を分かりやすくお伝えしていきます。

続きを読む

氣鍼医術臨床講座研究部の第5回目を開催いたしました

数あるブログの中から、当「氣鍼医術症例ブログ」をご訪問いただき、ありがとうございます。

氣鍼医術臨床講座研究部の第5回目が開催されましたので、本日はそのご報告をさせていただきます。テキストは研修生WKが担当いたします。

開催場所:兵庫県民会館

参加者 :10名

続きを読む

強度の寝違い

17歳 高校生 女子 

3日前の朝起きから首が痛くて動かせないので整形外科に行った。「骨には異常がないから痛み止めを飲んで様子見ましょう」と言われ学校を休んでいるが、全くよくならないといって来院

続きを読む

【動画】座位の治療が多いのも氣鍼医術の特徴です

数あるブログの中から当「氣鍼医術症例ブログ」にお越し下さりありがとうございます。本日のテキストは氣鍼医術サイト管理人(鍼灸ど素人)が担当させていただきます。

氣鍼医術の特徴、他経絡治療との違いはいろいろありますが、その中のひとつに座位での治療が多いということがあります。

続きを読む

氣鍼医術臨床講座普通部の第6回目を開催いたしました

数あるブログの中から、当「氣鍼医術症例ブログ」をご訪問いただき、ありがとうございます。

氣鍼医術臨床講座普通部の第6回目が開催されましたので、本日はそのご報告をさせていただきます。テキストは研修生WKが担当いたします。

開催場所:漢医堂三宮分院

参加者 :8名

続きを読む

脉で食べ過ぎが診れるか?答えは「もちろんわかる」です

症例 68歳 男性 会社役員

今回の患者さんは、膻中・右期門・気海・中脘の順で脉締を得ました。

つまり心包虚腎虚証右からの証がたち、奇経診断(実経絡診断)は左陥谷・N―右合谷・Sというグループが脉締を得たので、証が確定したのです。

続きを読む

2016年09月の月間アクセス上位10記事です

数あるブログの中から氣鍼医術症例ブログにお越しいただき、ありがとうございます。2016年09月の月間アクセス上位10記事のご紹介です。

続きを読む

月別アーカイブ