症例ブログ 2017月11月分

ブログの引っ越しをいたします

数あるブログの中から、当「氣鍼医術症例ブログ」をご訪問いただきありがとうございます。

 

 

2016年4月以来、氣鍼医術サイト内にブログを設置、多くご訪問をいただいていました。ありがとうございます。

サイト内にブログが設置されているほうがご訪問いただく方には見やすいのではないかと思っていましたが、過去記事の閲覧に不便があるとのご指摘も多々あり、より閲覧していただきやすくしていただくためにもブログの引っ越しをすることにいたしました。

 

新しいブログは

 

http://kishin-ijutsu.hatenablog.com/

 

↑ こちらになります。

 

ブックマークをしていただいている皆様には

http://kishin-ijutsu.hatenablog.com/ への

変更をお願いいたします。

 

お手数とは存じますがよろしくお願いいたします。

 

これからもみなさまのお役に立てる事柄を

発信していけるように精進する所存です。

また、Facebookの氣鍼医術ページでは、ブログでは公開していない動画などもアップしております。ご訪問いただければ幸いです。

 

氣鍼医術Facebookページは こちら になります。

 最後までお読みくださりありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  

↑クリックしていただけると励みになります


氣鍼医術臨床講座普通部の平成29年度第7回目を開催いたしました

数あるブログの中から、当「氣鍼医術症例ブログ」をご訪問いただきありがとうございます。

毎月第1日曜日は氣鍼医術臨床講座の普通部です。平成29年度第7回目を開催いたしましたので、本日はその報告をさせていただきます。テキストは研修生Wが担当いたします。

 

開催日:2017/11/05 

開催場所:漢医堂三ノ宮分院

講師:中村泰山

午前の部、座学。教科書p.66補瀉の手法より、氣鍼医術には氣鍼と氣刺鍼があり、季節、経絡、氣血などにより深さを使い分ける手法、初学者は脈諦でみるが学んで来るとさらに脈諦させる為に浅い深いがあると。

休憩を挟んで参加者の質疑応答そして臨床報告より抜粋して頸部痛から診断の結果により腎石だった例や、膝関節痛で来院され、診断の結果督脈病症だった例など説明が行われました。また、姿勢分析の実験を参加者に行って頂きました。

午後の部 実技。

ペアを組んでの実技。子午鍼法で一番手の脈諦を自分で探して、相手に確認してもらう練習で各々症状が消失するか練習を行った。

最後に中村泰山先生自身に、手の陰経だけで、どの経絡が一番手かテスト方式の脈諦クイズがあり、撃沈して終了となりました。

氣鍼医術臨床講座、普通部は毎月第1日曜(漢医堂三宮分院にて)、研究部は毎月第2日曜(兵庫県民会館にて)に開催しております。見学も受け付けておりますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

開催済講座アーカイブは こちら になります。

 最後までお読みくださりありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  

↑クリックしていただけると励みになります


0 コメント

天満橋鍼灸整骨院さまのご紹介です

当『氣鍼医術』サイト内の治療家紹介ページを更新いたしました。

氣鍼医術の治療を受けていただける治療院のご紹介は こちら 

 

今回ご紹介させていただいたのは

大阪府大阪市の

天満橋鍼灸整骨さまです。


氣鍼医術の治療を受けていただけるのは漢医堂だけではありません。誰にでも行えるように改良された氣鍼医術だからこそ、研鑽を積まれた多くの治療家の方々にその技術を駆使していただいています。

氣鍼医術代表葛野玄庵がその技術を信頼できると認めた治療家のみなさまを、これからも紹介させていただいてまいります。

 最後までお読みくださりありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  

↑クリックしていただけると励みになります


氣鍼医術臨床講座補講の平成29年度第5回目を開催いたしました

数あるブログの中から、当「氣鍼医術症例ブログ」をご訪問いただきありがとうございます。

毎月第4土曜日は受講生・既卒生を対象とした補講です。平成29年度第5回目を開催いたしましたので、本日はそのご報告をさせていただきます。テキストは当サイト管理人(鍼灸ど素人)が担当いたします。

開催日:2017/10/28 

開催場所:漢医堂三ノ宮分院

講師:葛野玄庵・中村泰山

2週続けて台風にたたられ、欠席者の多い講座となりましたが、人数が少ない分、細やかな指導となりました。実技の様子もいつも以上に細部を撮影することができましたので、ご参考になるものが多いと思われます。ご高覧いただければ幸いです。

管理人は鍼灸素人。わからないことだらけで当然なのですが、わからないことの最たるもの、何が氣鍼医術ならではのことで、何が鍼灸一般的なものなのか、ということです。

※子午診断の様子

氣鍼医術は、今まで主に六部定位脉診に頼っていた経絡治療における証の決定を、<子午鍼法><奇経鍼法><腹氣鍼診断>といった複数の診断術を駆使することで、より正確かつ誰にでも行えるよう改良を重ねたものです。診断の要となる、これこそがまさに氣鍼医術にしかないもの、それが「脉締(みゃくてい)」という概念です。

 

私はこれが氣鍼医術ならではのものであることを知らず、ブログを読まれる鍼灸関係者の方々には既知のものであろうと、当たり前のように脉締という単語を使っていました。

 

脈診が初めての方はもちろんのこと、経験のある方にとっても実際に脉締しているという状態はなかなかわかっていただけないようでした。

 

参考エントリー:氣鍼医術用語解説「脉締を得る」とは、「良脈」とは

氣鍼医術ならではの診断術に、腹氣鍼診断があります。これは腹部の診断五穴に順番に鍼をあて、検脉し、脉締を得ることで本治法の証に導くものです。葛野玄庵が独自に開発した画期的な診断方法です。

腹氣鍼診断は、診断5穴を憶えるだけでいいのですよ!私にもできそうな気がします!!もちろん、脈診ができないことには話になりませんが。腹氣鍼診断においても、目指すものは脉締です。

当サイトを作るにあたり、氣鍼医術鍼術指南極意を参考にさせていただきました。素人ですのでわからない単語だらけでしたが、どうにも理解できなかったもの、それが氣鍼医術の5つの特徴のひとつであるとされている、後方標治深度検脈(中井式)だったのです。背後から脈をみる、それの何が特別なのかがわからなかったのです。背中に左手で鍼を刺すなら(押し手をする、といったほうが的確なのかもしれませんね)、右手を前に伸ばして脈を診るのは当然至極だろう、と。この姿勢の何が特別なのか?とわかりませんでした。

恥ずかしながら、その特別さがわかったのはつい最近のことです。私は経絡治療は氣鍼医術しか体験したことがなかったので、その独自さがわかっていなかったのです。よそを見て初めてわかりました。

 

乱暴にまとめますと、脈診の頻度がよそとは比較にならず多いのです。片手で押し手をしているなら、もう片方の手は必ずといっていいくらい脈に触れています。

 

背中、督脈に沿って鍼をすすめていくなら、上から下までの行程、その間一回も検脈をしなかったら、どの鍼が効いたのかがわかりません。逆に、ふさわしくない選穴であったとしたら、症状を悪化させてしまいます。背中を触り終えてからの検脈では遅いのです。

 

押し手の1穴1穴に対して検脈する、そのための後方標治深度検脈である、と理解しました。

 

脉を見ずして何が脉診か、というのは福島弘道先生のお言葉でしたでしょうか。

即効力・再現力・治癒力の3つを同時実現する氣鍼医術、みなさまの治療に、どうぞお役立てくださいますように。

氣鍼医術臨床講座、普通部は毎月第1日曜(漢医堂三ノ宮分院にて)、研究部は第2日曜(兵庫県民会館にて)、補講は第4土曜日(漢医堂三ノ宮分院にて)に開催しております。見学も受け付けておりますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

開催済講座アーカイブは こちら になります。

 最後までお読みくださりありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  

↑クリックしていただけると励みになります


風邪の季節〜寒雨に中れば寒冷湿の邪

「つばを飲み込むとのどが痛くて」とやってきた小学2年生男子。

 

昨夜からのどが痛いと言って食欲もありません、と母親から電話があった。

 

脉状


中位にありやや硬めでやや数、やや躁を帯びている。

「喉がはれぼったくて、食べると詰まる感じで痛い」という。

聞くと3日前、雨の中をラグビーの練習に参加したという。

「雨で冷えたね」

 

古典に曰く、寒・冷の邪に中った時は遅・緊脉、湿気は沈脉というのが原則だが、それに加えて微熱が出始めてやや数脉となっている。朝に37度だったという。

腹気鍼診断


気海・中脘が締まり、膻中が締まった。

奇経診断


左合谷・N―左陥谷・Sで脉締


腎虚心包虚右同側経金穴使用

標治法


灸 ちりげに絹糸灸1壮 大椎測に手掌軽擦を少々

いつもの通りのど風邪は腎虚の主りが多い。

 

続いて診たおばあちゃんも風邪気味で、証が全く一緒であったのは付きそいで雨の中を走り回ったそうな。さもありなん。

最後までお読みくださりありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

↑クリックしていただけると励みになります


PVアクセスランキング にほんブログ村

【月間アクセス上位10記事】2017年10月分

お役に立った記事はありましたでしょうか。

 

ご感想、ご質問などお寄せいただけるとありがたいです。 

 最後までお読みくださりありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  

↑クリックしていただけると励みになります


月別アーカイブ