ブルガリの指輪でヘルパンギーナが治せます

3歳 男子 昨日朝からのどが痛いといって食事をしなくなった。38度7分の熱。病院につれて行くと「のどに水泡があるしヘルパンギーナですね。水分取って寝ときましょうか。薬はありません。」とのこと。

2日目の昼、鍼灸で治そうと来院。

あれ、今日は熱が下がってるね。何かしたの?

「昨日病院から帰ってから指輪で身体中こすってやったのよ。ほら先生が言ってたでしょう、熱が出たらこの指輪で軽くこすってやれって。」

「それと、こすって熱くした手のひらで、背中をこすってやったのよ。」

そうか小児鍼をしたのか。これは効いたねー、37度くらいに下がってるよ。これで更に治療したら、喉もよくなって食べれるようになるよ。


なんとこのお母さん、結婚指輪の銀のブルガリで小児鍼をやってしまったのだ。やったね、誰にもできる小児鍼(接触鍼)!

 

氣鍼医術の技術を学んでいただける研修生を募集しております(1名決定いたしました)。

詳しくは こちら をご覧くださいませ。

 最後までお読みくださりありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

↑クリックしていただけると励みになります


──────────────────────────────────────────

PVアクセスランキング にほんブログ村