高度標準化されたシステム

典型的症例 61歳 男性 技術職

「右臀部からふくらはぎがうずいてどうしようもない」

 

 

その痛みは右下腿外側・胆経に沿っている。この段階ではっきりしている。子午診断が適応なのだ。つまり「子午・奇経連動診断」がぴったりなのだ。

子午診断

右下腿胆経の痛みに対し同側の通里で脉締。

奇経診断

左臨泣ー左後谿で脉締。

心虚肺腎実証右から合水使用。

決まりである。この段階で難経69難の本治法の証が確定してしまうのである。なんとシステマチックな診断システムか。世の経絡治療家よ、もっと感動してもいいんじゃないか。

サイト管理人よりの余計なひとこと:氣鍼医術の底本である鍼術指南極意をサイトを作るために何度も読み、臨床講座にも何度も立ち会わせていただいて、私にも腹氣鍼診断できるんちゃう!と思ってしまっています。実にシンプルで、誰にでもできる再現性と整合性の高いシステムです、氣鍼医術。門前の小僧である私でさえそう思うのですから、鍼灸師、脈診に心得のある方ならなおさらその威力をわかっていただけるのではないかと。氣鍼医術の凄さにぜひ触れていただきたいですね!

 

 最後までお読みくださりありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

 

↑クリックしていただけると励みになります


──────────────────────────────────────────

PVアクセスランキング にほんブログ村