患部を触っても治らないゴルフひじの痛み

59歳 男性 会社役員

 

長年にわたりゴルフが趣味だが、この2〜3年「右のひじ痛」で困っているという。

こぶしを握りひねってもらうと痛む(ひじ裏小腸経あたりの激痛)。普段はそうでもないが、プレー中に痛むので成績が良くない。

標治法―気鍼の3以上(深刺し)

胸椎6・7間に著明な圧痛が必ずある。そこに1番鍼寸6を押手いっぱいそーっと刺入し、骨に当たるところで脉締になればOKである。一呼吸おいてそーっと邪を釣り上げて空中に投げ捨てる。その瞬間ひじの痛みはなくなっている。「あら、痛くないよ」と不思議がる。これがほんとうの一発芸である。

注・・・本治法は必須、治るまでの経過が、違うし再発しない。

 

漢医堂三宮分院では、氣鍼医術の技術を学んでいただける研修生を随時募集しております。

詳しくは こちら をご覧くださいませ。

 最後までお読みくださりありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

  

↑クリックしていただけると励みになります

2016/09

2016/10

2016/11

2016/12



──────────────────────────────────────────

PVアクセスランキング にほんブログ村