風邪には鍼治療が1番!〜難経69難の本治法がすばらしい

33歳 主婦

「先生、風邪ひいちゃった。今は長野県にいるの、夕方には帰れるからなんとかして」、娘でもないのに、いつもタメグチである。それもそのはず、オシメの頃から治療に来ているのだから、当たり前かもしれない。

しかも、「君は心配事などなにもないだろう」と言うと、「ない!」と即答する性格。二人の幼い息子には毎日手作りのごはんである。感心にもコンビニご飯は絶対しない。子供が風邪をひけばすぐに鍼につれてくる。自分も子供のころから何があっても鍼治療である。今回も「風邪が入った」で「はりで何とかしてくれ」である。

画像は「お脈拝見法講座」のときのものです

主訴

3日前からぞくぞくっと寒気がしたので、風邪に入られたか、と思いながらも旅行に出てしまった。喉が痛み痰が出てきてしんどい。何とか旅を終えようとしたがだめだった。その旅先からの電話だったのだ。

腹気鍼診断

膻中・右期門が脉締 

中脘が大きくくなった(肺実)

奇経診断

左陥谷―左後谿

心包虚肺実右から(腎実はなかった)経金穴使用 

風邪にはやはり経金でなければ効かない。

「先生、楽になったわ~、やっぱりすごいな、鍼は!」と帰って行った。表の道路には旦那さんが子供と一緒に待っている。

 

漢医堂三宮分院では、氣鍼医術の技術を学んでいただける研修生を随時募集しております。

詳しくは こちら をご覧くださいませ。

 最後までお読みくださりありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

  

↑クリックしていただけると励みになります

2016/09

2016/10

2016/11

2016/12



──────────────────────────────────────────

PVアクセスランキング にほんブログ村