白人青年の39度高熱、難経69難本治法で治す

アメリカ人 男性 20歳 170㎝65㎏ 色白

5日前から「咳・のど痛・胸の痛み・食欲不振・口内炎を伴い39度の熱が出る」と来院。年間通して最高気温が18度くらいのアラスカから8月の暑い日本にホームステイ中だという。

京都に観光旅行はいいが、途中自家用車のエアコンが故障してしまい全員が熱中症気味になってグロッキー。当の男性はその日から夜は40度、昼は38度の繰り返しで3日目から病院でボルタレンが出たという。5日目の今日はボルタレンを飲んで36度にさがり過ぎている。全身倦怠・食欲なし。口内炎が多発、のどが痛く咳が出て胸も痛いという。

1回目の治療

脉診

結・虚・躁を帯びている。背中を少し高くしての仰臥位でないと息切れがひどい。

腹気鍼診断

右期門・気海・中脘・下脘が脉締

奇経診断

左後谿―右申脈で脉締

肝虚肺虚証右から経金穴使用

脉は締まったので「今夜も熱が上がるけど汗が出るからよくふいて着替えてくださいな、そのあとは必ず楽になるからね。」「水枕で頭は冷やすこと。胸があまり痛ければ辛子シップをすること。ボルタレンは飲まない」など指導して帰した。さて明日の報告をまとう。

 

2日目  電話報告 治療後は身体が軽くなったが夜は38度5分。しかし、よく眠れたという。朝起きは38度で食欲が出て朝、昼食べることができた。夕方37度。鍋をしてよく食べたという

 

3日目の朝 36度5分 よく眠れて食事もいただけて喜んでいる 

2回目の治療

3日目の夕方4時治療 午後から36度2分の体温 

脉診

虚・軟・平だがやや革がある

腹気鍼診断

中脘・下脘が締まった。 左期門やや浮き・巨闕もやや浮いた

奇経診断

左申脈-左外関

肺虚肝心実証右から原・経・経・経使用 本治法だけで良脉に近づいたので背中に軽く気鍼をして終了とした。

肝と心の流れに邪実があり取り除くと艶が出ていい脉になった。2日前と違って笑顔も出ていたが治療後はより元気になって日本語でお礼を言ってかえって行った。難経69難の本治法はやはりすごい。

 

漢医堂三宮分院では、氣鍼医術の技術を学んでいただける研修生を随時募集しております。

詳しくは こちら をご覧くださいませ。

 最後までお読みくださりありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

  

↑クリックしていただけると励みになります

2016/09

2016/10

2016/11

2016/12



──────────────────────────────────────────

PVアクセスランキング にほんブログ村