不妊症―難経69難の本治法の出番

中国から不妊治療の患者さんが来院。

 

日本で体外受精の治療を受けているのだがうまくいかないという。今回は10日間だけの滞在であるが来月再来日して本格的に鍼灸治療を受けながら採卵・移植に挑戦したいという。

4か月前当院の鍼灸治療で流産癖の中国人患者さんが4回目の正直で無事生まれたのを聞いたのだという。今回は夫婦そろっての治療になるから少し困難を伴いそうだ。難経69難の本治法の出番である。

 

出産報告

10/24に、21日に出産予定の妊婦さんから「生まれました。元気な男の子です」と2日遅れの嬉しい電話がありました。良かったかよかった。

4日前に大きなおなかを抱えて「首が痛いし腰も痛くて、早う生まれてほしいわ」と言って来院したの和痛分娩のツボに円皮鍼を五か所添付してして帰したのです。

24日に陣痛促進剤の予定でしたがその必要もなく、その前日のおめでたとなりました。

当院では不妊治療43人目のおめでた患者さんです。

参考エントリー

「子午鍼法講習会」のお知らせ

 

11月23日と12月23日、「子午鍼法」の講習会を大阪にて開催いたします。

 

詳しくは こちら をご覧くださいませ。


 最後までお読みくださりありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  

↑クリックしていただけると励みになります