【治療動画】腹氣鍼診断〜奇経診断〜難経69難本治法

数あるブログの中から、当「氣鍼医術症例ブログ」をご訪問いただき、ありがとうございます。本日のテキストは氣鍼医術サイト管理人が担当いたします。

昨年9月にアメリカのコロラドで開催された 「日本はり協会」指導者夏季合宿 に氣鍼医術代表葛野玄庵が参加させていただきましたが、そこでご縁を賜った Southwest Acupuncture College の武田洋樹先生がアメリカから神戸の漢医堂にお越しくださいました。

Japanese Meridian Therapy というのは、いわゆる子午鍼法のことですね。

 

氣鍼医術のレクチャーもかねて、実際に治療を受けていただきました。その治療動画のご紹介です。

腹氣鍼診断は、腹部の「診断5穴」に順番に鍼をあて、検脈し、脉締を得ることで本治法の証を立てる診断術のひとつとして、葛野玄庵が独自に開発した画期的な診断方法です。

奇経八穴の主穴・従穴決定による「実」経絡診断です。氣鍼医術では独自の「金」と「銀」の平鍼を使用して証の決定をより確かなものとしています。

今回は子午診断は行っておりませんが、腹氣鍼診断から奇経診断に連動し、難経69難の証が確定しましたので本治法を行いました。

脉診流氣鍼医術は、今まで主に六部定位脉診に頼っていた経絡治療における証の決定を、<子午鍼法><奇経鍼法><腹氣鍼診断>といった複数の診断術を駆使することで、より正確かつ誰にでも行えるよう改良を重ねたものです。

それゆえに、その場で痛みがとれる即効性、誰にでもできる再現性、治療の前と後で症状が改善したと確認できる治癒力を併せ持った、実に合理的な唯一無二のメソッドなのです。

「子午鍼法講習会」のお知らせ

 

11月23日と12月23日、「子午鍼法」の講習会を大阪にて開催いたします。

 

今回も「子午鍼法」を一人一人手から手へ教授いたします。さらに「子午鍼法」と「奇経鍼法」との連動についても解説し、難経69難の本治法とのかかわりにも触れるつもりです。

 

ぜひ2日間は両方とも出席されてより理解を深めていただければと思います。・・・葛野玄庵 拝

 

詳しくは こちら をご覧くださいませ。


 最後までお読みくださりありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  

↑クリックしていただけると励みになります