その2)月の満ち欠けと適応側の変化

月の満ち欠けが本治法の証適応側に影響を与えることは確かです。

私(葛野玄庵)自身の身体を使って検証した結果を報告いたします。

 

【主訴】首・背中に重み凝りがある。腰もそらすと痛みがある。

平成28年12月7日は上弦の月(前後3日間は小潮)、前日の朝7時ころの奇経診断では右同側の後谿・Nー申脉・Sで脉締していました。その日の夕方には、従穴の申脈がまず移動。つまり主穴の右後谿はそのままで、従穴だけが左へ移動したのです。

そして当日の夜中から早朝は、まだそのままで、夕方にはなんと、主穴の後谿が左へ移動したのです。つまり上弦の月を挟んで、証・左適応側が一夜にして右へ完全に移動したということです。


換言するに、本治法の証が次のように完全に移動したということです。

上弦の月、前日早朝

【奇経診断】右後谿―右申脈が脉締 

【証】「肝虚肺虚証」左同側 

上弦の月、当日夕方

【奇経診断】右後谿ー左申脈   

【証】「肝虚肺虚証」左から交差

上弦の月、翌日の夕方

【奇経診断】左後谿ー左申脈   

【証】「肝虚肺虚証」右同側

以上のように月齢(満月・下弦・新月・上弦)による証の変化は必ず起こることだと拙著(氣鍼医術臨床指南極意)で説明しており、月齢と本治法の適応側の変化が常に密接に関係することを考えながら臨床をすることが必須です。

「子午鍼法講習会」のお知らせ

 

12月23日、

「子午鍼法」の講習会を大阪にて開催いたします。

 

今回も「子午鍼法」を一人一人手から手へ教授いたします。さらに「子午鍼法」と「奇経鍼法」との連動についても解説し、難経69難の本治法とのかかわりにも触れるつもりです。

 ぜひ出席されてより理解を深めていただければと思います。・・・葛野玄庵 拝

 

詳しくは こちら をご覧くださいませ。 

 

前回、11月の様子は こちら になります。


 最後までお読みくださりありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  

↑クリックしていただけると励みになります