【家庭でできる治療法】スプーン小児はり

男子 2歳 

「鼻水が出て食欲がありません。体温37,8度です。」と母親が夜中に電話をしてきた。

台所にスプーンがあるでしょう、それをもってきて、丸くなってる裏の部分で背中・両手足・腹・胸を軽く擦ってみてください。肌がピンク色になればОKですよ。かるーくですよ。1分以上いらないですよ。

経過報告

翌朝、「おかげさまであの後汗がいっぱい出たので、よーくふき取って寝かせました。今朝はすっかり平熱です。ありがとうございました。」とのこと。

1月8日、9日は「はり・きゅう」の日です。今年も人生鍼灸道一直線で頑張ります。私はこの「8」と「9」という数字には絶対的こだわりがあります。

以前にも書きましたが37年前開業時に申し込んだ家庭電話の電話番号が「5089」だったからです。気が付いたのは9年経過した1989年の正月でした。医道の日本誌上での「今年ははり(8)きゅう(9)の年です」と知ったときのうれしかったこと、それから病みつきになったのです。銭湯の下駄箱も必ず8か9、無ければ18か19とこだわります。つまらなそうでいても、深層心理には鍼灸一本道へのこだわりのすりこみになっているとおもいます。

 最後までお読みくださりありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  

↑クリックしていただけると励みになります