胆の砂・腎の砂

<<62歳 会社役員 男性 胆の砂、悪露の発作>>

 

星の砂なら聞いたことがあるが、胆砂で入院したことがあるなんて初耳だった。腎の砂は私の造語だと思っていたが、まんざら当たっていないこともないのだ。

経過

この患者さん、ベッドに仰臥して検脉中に、右背中がこむら返りみたいにひきつると言い出したのだ。ふくらはぎならともかく、背中とは珍しい。ところが同時に脉状が急に弦を帯びてきたのだ。あらー、硬くなってきた、と感じたか否かのうちに右背中こむら返りの発言。聞いてみると、7年前胆のうに砂がたまって痛くて入院したという。胆砂だと診断され、激痛とだるさがあったという。

証は脾虚腎肝実証左からで、肝実は弦脉の処理、腎も弦を帯びていたので腎にも砂がありそうである。

 

今は胆のうの発作ではあるが、肝腎ともに陰実がはっきりあるのでの処置をしておく。

 

どちらにしても砂を降ろすことになり、予防にもなるからなんて素晴らしい医術だ。

 

治療後、弦脉はなくなり軟らかい良い脉になったとともに、背中のこむら返りはなくなった。

<<58歳男性 公務員 腎の砂、悪露の腰痛、高血圧>>

 

今日は朝から右の腰が痛いという。前屈すると右脾兪、腎兪あたりが張って痛い。仰臥して検脉すると、これまた弦を帯びている。先ほどの胆の砂患者さんよりまだ緊を帯びている。弦によじりを入れて堅くした脉である。こりゃ血圧の下が高くなってますよ、というと、そうなんです下が98ありましたという。

連休で法事があったんです、たらふく飲んじゃいました、とのこと。

 

さもありなん。小便の出が悪いでしょう、これは腎臓から尿路に悪露がたまって詰まりかけてますよ。

 

春先だからか、弦脉患者が多くなったという感じがする。

 

証は脾虚腎肝実証右から。典型的な尿管結石型の脉状であり、気鍼医術の出番である。帰りには腰の痛みはなくなっているが、やはり飲食過多の邪実は自身での調節が第一であろう。

 

氣鍼医術臨床講座受講生募集のお知らせ

今年度は募集をいったん停止しておりました《氣鍼医術臨床講座普通部》、募集再開はいつになるのか、というお問い合わせを多数いただいておりましたが、募集再開が決定いたしました。

2017年度の募集要綱、詳しくは こちら をご覧くださいませ。

 最後までお読みくださりありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  

↑クリックしていただけると励みになります