心臓発作〜緊を帯びた激しい促脉 

5月3日 

織物職 女性 75才

心臓発作

「緊を帯びた激しい促脉」

 

「先日から身体がしんどくて、動悸がします」

脉状

緊にして激しい促脉、安静時に1分間に約110回、騒がしく弓弦の如く硬く激しく不整を打っている。明らかに「心臓発作」である。

頼まれて機織りの仕事をし始めたところ、昔のように体が動かないし、肩首腰に疲れがたまってきて、失敗したなと思っていた矢先の身体の悲鳴である。

腹気鍼診断

巨闕・右期門が脉締 中脘・気海が緊脉

奇経診断

左臨泣・N―左後谿・Sで脉締

心虚肺腎実証右から合水穴使用

治療

右心経の少海と右肝経の曲泉にじっくりと補法(5分0番鍼)

左肺経の尺沢・左腎経の陰谷のキョロ実痛部に雀琢下圧瀉法をズーンと加えた。(腎経のみ左照海穴からも雀琢下圧瀉法をくわえた)

「息がしやすくなりました。肩も軽くなったしきてよかった」といって帰っていった。脉状は促脉が和らぎ、1分間に約90回前後になっていた。

5月5日 2診目

動悸はなくなったという。さらに脉状は緊脉ではなく革脉になり、促脉はあるが1分間約90回前後和らいでいるし「今日は腰の痛みが気になる」という

証は前回同様「心虚肺腎実証」右からであった。

同様に治療した後、1分間の脈拍数は80回前半になっていた。

5月10日 3診目

「楽になりました。でも今日は腰がまだ痛みます」

「動悸・息切れ・目まいはありません」 

脉状

やや革にしてやや促 脈拍数1分間約80回

腹気鍼診断

壇中・右期門が締まり、中脘・気海に革脉の邪実がまだある。

奇経診断

左陥谷・N―左後谿・Sで脉締

心包虚肺腎実証右から合水穴使用

定則に従い治療を加えたところ「やや革にしてやあや促脉」は全くなくなり律動的な良脉に近くなった。過労だからもう仕事は半分にして少しづつやめていくとのこと。

脉の形状(脉法手引き草)

弦脉 「張りたる弦を按ず、きびしく急に浮き沈みなし、やや数」

緊脉 「よりのかかれる弦と見よ、不揃いにしてはやく堅きぞ」

促脉 「せわしきなかに一止まり、またまた来たりまたはつまづく」

 最後までお読みくださりありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  

↑クリックしていただけると励みになります