氣鍼医術臨床講座普通部の平成29年度第3回目を開催いたしました

数あるブログの中から、当「氣鍼医術症例ブログ」をご訪問いただきありがとうございます。

毎月第1日曜日は氣鍼医術臨床講座の普通部です。

平成29年度第3回目を開催いたしましたので、本日はその報告をさせていただきます。

 

開催日:2017/06/04 

開催場所:漢医堂三ノ宮分院

講師:中村泰山

※テキストは鍼灸門外漢の当サイト管理人の聴講メモです。読みにくい箇所だらけでありますこと、始めにお詫び申し上げます m(_ _)m

午前の部

治療の成果を左右する押し手の重要性についての座学と、受講生ペアになっての実習。

  • 患者の感覚を大切に
  • 押し手に違和感(強い、痛いなど)を患者が訴えた場合、押し手を見直してみることが必要
  • 患者の姿勢によって脈が変わる場合があるが、それは無理な姿勢を強いている恐れもあるので、これも見直しの必要がある
  • 圧をかけるのは脈が締まるところをちゃんと見つけてから
  • 圧をかけたままで探さない
  • 快癒という言葉もあるように、快(心地よいこと)が癒(治療)につながる、患者の心地よさを大切にすること

押し手を確実なものにするために術者の姿勢がいかに大切か、それを保持するためにどうすればいいか、ということの説明が各種武道に熟達されている泰山先生から武道の姿勢を例にあげて続きました。すべては押し手をぶれされないため。小指起点ではなく親指起点にするということの重要性の説明が、やはり武道の心得がある受講生からなされました。


親指起点が重要なのは歩き方においても同じで、最近O脚が増えているのは靴のせいで小指に力を入れて歩く人が増えたため、小指歩きをすると爪が横に向いてしまう、という実例(管理人には初めて見るものでしたが、治療家の方々にとっては珍しいものではないのですね)。

  • 術者の姿勢も治療結果を大いに左右する
  • 肩の力を抜き、肚をすえること
  • 腕に力が入ると押し手がぶれる。
  • 子午は直刺し
  • 本治は経に沿って針を倒す
  • 経絡の流れに針先を向ける

午後の部

2、3年生は子午、奇経、本治までの流れを。1年生は子午のみをやってみる。

  • ガソリンタンクにオイルを入れるのが補法
  • 補ったうえで上に浮いてきたゴミを網で掬って捨てるのが邪実の瀉法
  • 表面の細かいゴミをさらに取り除くのが陽系の処理
  • 背部氣鍼は、指で抑えて凹んで圧痛のある部分をとらえる
  • 指の腹ではなく、第1関節をまげて指先で圧痛点をとらえる

  • 温かいお灸は瀉法
  • 熱いお灸は補法
  • 督脈への氣鍼は、シワのある部分を狙う
  • シワはいわば蝶番のような場所で、そこに油を刺して動きを滑らかにするイメージ
  • 督脈の正中部から左右にはずれた場所に鍼を刺す場合は、督脈に針先を向けて刺入れること

氣鍼医術臨床講座、普通部は毎月第1日曜(漢医堂三宮分院にて)、研究部は毎月第2日曜(兵庫県民会館にて)に開催しております。見学も受け付けておりますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

開催済講座アーカイブは こちら になります。

 最後までお読みくださりありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  

↑クリックしていただけると励みになります