平成29年度夏季特別研修会を開催いたしました

数あるブログの中から、当「氣鍼医術症例ブログ」をご訪問いただきありがとうございます。

平成29年度の夏季特別研修会を開催いたしましたので、本日はその報告をさせていただきます。

 

開催日:2017/07/16

開催場所:漢医堂三ノ宮分院

講師:葛野玄庵・中村泰山

代表の挨拶から始まり、最近の来院者の傾向はやはり腎石、砂の証が多いとの事で、病院でレントゲンで異常なしでも、腰の痛みに関しては筋肉、骨格系の痛みでない場合は、腎石の証がでれば確実に段階を経て症状が消失していくと。

今日は時間も少ないので、さっそく実技。ペアを組んでのお互い症状を子午鍼法で一番手を見つけていく作業をお互い繰り返し、講師に確認して頂く。

受講者の感想


今回の夏季研修会に急遽参加させていただきました。

症例を報告して頂いた後、互療会になりパートナーが葛野先生だった事でほぼマンツーマンで教わる事が出来ました。

押し手圧、左右圧をしっかりと行ない、小指球と第3・4・5指との力配分とバランスを配慮した密着充実感の捕まえ方が凄く勉強になりました。

更に、選穴・取穴部位・刺入の深さの大切さを再認識でき、収穫をたくさん得る事が出来た研修会でした。

↓指導の様子


あっと言う間に時間が過ぎ第一部勉強会は終了し、場所をグリーンヒルホテルに移動し、懇親会&一般の方に脈診の講義。塾生は一般の方と交互に座り隣の方に脈診のレクチャーを!そんな勉強しながら楽しみながらの1日でした。

氣鍼医術臨床講座、普通部は毎月第1日曜(漢医堂三宮分院にて)、研究部は毎月第2日曜(兵庫県民会館にて)に開催しております。見学も受け付けておりますので、ご希望の方はお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

開催済講座アーカイブは こちら になります。

 最後までお読みくださりありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  

↑クリックしていただけると励みになります