「前立腺がん」が不問奇経診断で判った症例

男性会社役員 77歳

「右肩が痛くて動かせない」と訴えての来院。

 

右肩結髪動作・結帯動作でも 大腸経に痛み。

 

回内動作でも肩全体に痛み

 

子午診断


「大―腎」で診断つかず。

珍しいなと思っていたら「脾―三」で締まった。

脾虚かな、と思ったら、母経絡の心包経が締まった。

奇経診断


なんと、右「外関―陥谷」ではなく右「公孫―内関」が締まってしまった。ということは、今までに何回も取り上げてきた症例である。つまり、男性は前立腺関係、女性は婦人科系の疾患が必ず存在する。間違いない。

「こりゃ肩の痛みより、前立腺に問題がありますね」というと目をむいて「そんなこと、なんで判るの?」と驚いて、「問診票には書かなかったけど、今、前立腺がんの治療中なんですよ」「肩はもちろん治りますが、前立腺がんにもとてもいいですよ。続けて治療しましょう」

主訴の肩の動作痛除去は至って簡単。

標治法


右肩動作痛に対して、頚椎5・6・7、胸椎1間の陥凹部位に1番鍼ステンレスを軟骨に当たるまで静かにそっと入れて、そっと抜くだけで動作痛は取れてしまった。患部は一切触る必要なしである。

10/08(日)は東京講習会


漢方鍼医会さまのお招きにより、10/08(日)に東京中野サンプラザにて講習会を行います。関東のみなさまには、ぜひとも氣鍼医術の実力のほどを間近にてご確認いただきたく存じます。

 

詳細は こちら をご覧くださいませ。

 最後までお読みくださりありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ  

↑クリックしていただけると励みになります


PVアクセスランキング にほんブログ村