即効力・再現力・治癒力の

3つを同時再現

症例ブログ

ホースで水を遠くに飛ばすためにはどうする?

水圧をあげればいいんですよね、そうすれば水は遠くに飛びます。水圧をあげるためにはどうするか、水量を増やす、もしくは押し出すポンプの力を強くする、です。

気血を全身にくまなく巡らすためには、気血の通るホースの圧をあげる必要があります。

高血圧の害はもちろんありますが、かといって圧をさげすぎると気血が巡らなくなります。降圧剤の頻用によって脳梗塞が多発しています。本来なら血流で流してしまえるはずの梗塞を、圧がさがったがために流せなくなり、それが詰まるのです。

気血を巡らすために必要な圧のある健康な脉、それが脉締(みゃくてい)時の脉です。脉が広がっていては、気血を巡らす圧が乏しいのです。

気血を全身に巡らすために、自然治癒力を高めるために、氣鍼医術は治療目標を脉締して良脉となることに定めています。

脉締とは「広がった脉状が細く縮まり、堅い脉状が柔らかくなり、噪がしい脉状が静かになり、脉が締まること」、良脉とは「中脉よりやや下に在り、細く締まり、艶と和緩と時季脉を帯び、滑らか、且つ律動的な脉状」と定義されています。

脉締とは胃の氣を得ること、良脉とは胃の氣が充実した脉です。力強い生命力そのもの、この生命力を最大限に高めることで病苦・病症が除去されるのです。

これが氣鍼医術の治療目標です。

最後までお読みくださりありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑クリックしていただけると励みになります♪

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

症状でお悩みの方や、気鍼医術を学びたい方お気軽にお問い合わせ下さい。通販のお申込みもこちらで承ります。

治療院の紹介

漢医堂をはじめ、氣鍼医術の治療を受けていただける、実力ある治療院をご紹介いたしております。

病は気から、気は病から

身体と心はひとつです。片方からだけのアプローチで解決できない問題に対しては、異なるベクトルから解決策をご提案いたします。

© 2019 氣鍼医術