即効力・再現力・治癒力の

3つを同時再現

症例ブログ

詳説:生理痛が10分でおさまった!

先日の氣鍼医術臨床講座普通部で、生理痛を訴えた受講生がいました。葛野代表によるモデル治療と相成りましたが、ほんの10分もかかりませんでした。

生理痛という訴えがありますので、すぐに左右の三陰交をみて虚実の判断となりました。右の三陰交への指鍼により脉締、ということは右が虚しているということです。

次は奇経診断です。婦人科ですから公孫が反応することが予想されます。予想に違わず、左の公孫(N)ー合谷(S)で脉締を得ました。

これで証は脾虚腎虚とほぼ確定です。


本治法は

1:脾経(補)
2:心経(補)
3:腎経(補)

となります。

いえ、なりません(どっちやねん)。

公孫ー合谷の奇経では心経か心包経かはわかりませんので、腹氣鍼診断®で確認します。

詳説:ステロイドを1年飲み続けても治らなかった耳鳴り

1:脾経(補)右
2:心包経(補)右
3:腎経(補)右

となります。

いえ、なります(なんや、それ!

ここで4経ではなく3経であることに注意。

詳説:4経じゃないよ、3経だよ

こちらの症例も生理の時の脾虚腎虚証でしたね。

「魔女のひと突きその後報告」ともう1症例

腹痛をともなっているので栄火穴を使用します。

1:脾経(補)右 大都
2:心包経(補)右 労宮
3:腎経(補)右 然谷

標治法として三陰交に施灸。

生理痛は消失、10分もかかりませんでした。

誰にでもできます。どうぞ、生理痛でお悩みの患者さんに氣鍼医術をお役立てください。

最後までお読みくださりありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ
↑クリックしていただけると励みになります♪

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

症状でお悩みの方や、気鍼医術を学びたい方お気軽にお問い合わせ下さい。通販のお申込みもこちらで承ります。

治療院の紹介

漢医堂をはじめ、氣鍼医術の治療を受けていただける、実力ある治療院をご紹介いたしております。

病は気から、気は病から

身体と心はひとつです。片方からだけのアプローチで解決できない問題に対しては、異なるベクトルから解決策をご提案いたします。

© 2019 氣鍼医術